歯内療法 根管治療 ラバーダム|三浦市の歯医者 まさ歯科クリニック|三崎口

top

歯内療法

歯内療法とは

虫歯が大きくなって神経まで達した場合や、以前に治療をした歯の根が炎症を起こしてしまった場合には、歯の神経が入っていた管(根管)をきれいにし、無菌状態にして、薬をつめなくてはならず、この治療のことを「歯内療法」と言います。

この歯内療法という治療は、歯を保存するためにとても重要な治療なのですが、根管は直径1mm以下と非常に細かく、直接見えないだけでなく、曲がっていたり、塞がっていたりと、とても複雑な形態をしています。歯内療法は、この根管に対し、針のような小さな器具を使って、汚染されている部分を完全に取り除き、無菌状態にしていくという、大変高度な技術を必要とする治療です。
また、処置がしっかり行われていないと、歯の根の先に炎症が起こり、噛むと痛い、歯肉が腫れるなどの症状が出てきます。

歯の神経を取る治療を行った場合、丁寧に治療を行ったとしても約10%、一般的な保険の治療の場合には50%以上の確率で、根の先に炎症が発症すると言われています。その確率を下げるため、当院では最新の器具やマイクロスコープを使用し、患者様の歯を良い状態で保つために丁寧で確実な歯内療法を行っております。

マイクロスコープについて

マイクロスコープを使用することで、どんなに細かいところでも確認することが可能となり、肉眼だけに頼った治療では分からない部分へのアプローチを実現できます。

歯内療法の前に

どれだけしっかり歯内療法を行ったとしても、神経を取った歯は寿命が短くなってしまう可能性が高いため、出来ることなら神経を抜かずに治療を進めたほうが望ましいのです。
当院でも、なるべく神経を残すように、しっかり診断してから処置を行って参りますので、ご安心下さい。

歯内療法の注意点

歯内療法は時間がかかる治療ですが、とても大切な治療です。
歯内療法に限りませんが、痛みがなくなったからといって、治療の途中で放っておくと、感染を起こし、炎症が悪化してしまいますので、治療期間が長引いたり、歯を抜かざるを得ないこともありますので、ご自分の歯のためにも、最後まできちんと通院して頂ければと思います。

ファイバーコアについて

歯の根の消毒を行った後には、クラウンをかぶせていくのですが、まずはそのための土台を作る必要となります。
この土台を作る治療のことを支台築造と言います。保険の土台であるメタルコアには、銀合金が使われているのですが、この材料は金属が錆びて溶け出し、二次的な虫歯、歯や歯茎の変色、金属アレルギーなどを引き起こす可能性があります。
更に、この土台自体が割れてしまったり、逆に金属のくさび効果により、歯の根の方が割れて、歯を抜くことになる場合もあります。

これに対し、保険外の土台であるファイバーコアは強度的にも安心で、歯肉の変色や金属アレルギーの心配もありません。また、歯に優しい材料ですので、歯の根が破折する危険も少なくなります。
歯を長く良い状態に保つために、保険外にはなりますが、ファイバーコアでの支台築造についても検討してみては如何かと思います。

診療のご案内
  • 一般歯科
  • 予防歯科
  • 小児歯科
  • 口腔外科
  • ホワイトニング
  • 矯正歯科
  • 歯内療法
ページのトップへ